ホーム » マイネオ

マイネオ」カテゴリーアーカイブ

mineoの特徴と速度・評判のまとめ│人気MVNO「mineo」の格安SIMサービスの長所と短所

mineoの特徴

mineoはdocomoとauの二つのキャリアの回線を利用できるMVNOです。ドコモ・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。mineoは、月に1,310円という安い価格設定で注目を集めています。複数のキャリアの回線を使えるMVNOは、mineoが日本で初めてであり、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。月額使用料を抑えても、auとdocomoと同様の対応エリア・通話音質なので、節約しながら安心して利用できますね。早速、mineoのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、どうぞ楽しんで♪

docomoとdocomo・AUの基地局を利用した格安スマホサービス

格安スマホサービスを提供をしている株式会社ケイ・オプティコムは、mineoというサービスにおいて、docomoとAUの回線2つを利用してプランを用意しています。音声通話の品質もdocomoやAUと変わりなく良いですし、電波の対応エリアもdocomo、AUと全く変わりません。SIMフリーの機種は当然使えますが、そうでないSIMロックの機種でも、docomoの機種を持っているならばドコモプランならばそのまま使えますし、auの機種を持っているならば、auプランでそのまま使うことができますから、新機種のスマホを買う必要がない場合も多い訳です。新しくスマホを買い替えずに済むので、余計なお金がかかりません。新しい端末が欲しい場合は、mineoで買えるSIMフリーの端末もあります。ドコモとauの回線は両方とも安定していますから、docomo回線プランを使うか、AU回線プランを使うか、好みの回線を選ぶ事ができます。月々の料金は回線プランによって少しだけ価格差があるので、自分に合った回線を価格面からも考えるといいでしょう。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

mineoの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。このVoLTEというものは、以前の通話音声よりも格段に音質が改善された、新しい通話のシステムの名前です。以前は300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。しかしこのVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになったのです。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。mineoの売りの一つが、VoLTEの採用によって実現した高音質通話なのです。

データ量繰り越しが可能

mineoにおいては、高速データ通信の容量が余った場合に次の月へ繰り越せることで、月ごとに使用するデータ量が違う場合にも、通信料金を気にせず利用できる便利なシステムとなっていますね。

mineoアプリで通信量を抑える!

mineoスイッチが備わっているmineoは、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。データ使用量を管理し、無駄なく使うにはうってつけの機能なのです。Wi-Fiとmineoスイッチをうまく組み合わせることで、料金が低めのプランでも十分に用が足りるかもしれません。非常にお得なMVNOですので、是非ご検討下さい。

mineo月額費用と解約

mineoの料金体系や通信速度について説明します。いまのスマホ代と比較しながら、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、考えてみてください。さて、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの料金

mineoの月額費用は、データ通信を行う専用のSIMと、音声通話が可能になっているSIMとがあります。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ通信専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約違約金

mineoの解約縛りと解約違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。mineoはMVNOの一つですが、2年縛りなどの契約期間の縛りがない為、解約違約金の掛からないMVNOです。解約違約金の心配が無く、気軽に格安SIMを試せるという点では、試しに格安スマホを使ってみようと思う方には、とても便利なサービスだといえます。しかし、1年以内のMNP転出の場合は、12,420円の手数料が必要となるのです。音声通話機能付きSIMを契約される場合は、この点にお気をつけください。

mineoの回線速度について

mineoのデータ通信速度についてご紹介します。Dプラン(docomo回線を利用したプラン)での速度は、LTE回線を使用し最大225Mbpsの速度、AU回線プランでも、最大で225Mbpsもの速度が出ます。いろいろなブログなどでも書かれていることですが、混雑する時間帯においては、キャリア回線の通信速度は安定しています。混雑時間帯でも、常に安定したデータ通信速度を要求されるならば、大手キャリアの契約のほうがよろしいかと思います。キャリアとの提携プランといっても、それでも相当安くなるので、速度が遅い場合があることを差し引いても、とてもいいサービスなのかと思います。

mineo Aプランの3日制限

キャリアもMVNOもそうですが、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。直近3日間のデータ通信の利用容量によってなされるもので、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。mineoの場合、料金プランによる規定値は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

マイネオ docomo回線プラン速度制御0

mineoのDプランにおいては、直近の3日間をベースに算出するデータ制限はありません。誰でも通信量が多い日が続く時もあれば、逆に少ない日もあると思いますが、AU回線を利用するAプランよりもDプランを選ぶほうが、いわゆる「3日制限」の心配は不要です。プランを選ぶ際には、この様なサービス機能の違いを比較検討することをお勧めします。

今月のキャンペーン!!