ホーム » 2016 » 6月

月別アーカイブ: 6月 2016

楽天モバイルの特筆すべき点は、5分かけ放題と楽天ポイントバックにあり!

楽天モバイルのチェックポイント

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。現在非常に人気があるのは、月々1250円で使えるスマホです。楽天モバイルは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。さらに、楽天モバイル契約期間の間は、楽天ポイントが二倍になるサービスも魅力です。ということで!楽天モバイルの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、楽天モバイルの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoのネットッワークを利用した格安SIM・格安スマホ

楽天市場でおなじみの楽天グループが提供している格安SIM、楽天モバイルはドコモの通信回線を使っています。ドコモと同じ品質で通話出来るのは当然のことながら、通信エリアもつながりやすさも、ドコモと変わりがないので安心です。楽天モバイルはNTT docomoのスマホであってもSIMカードを変更することでそのまま使うことができます。そのため、楽天モバイルが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。すでにNTTドコモのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約で楽天モバイルの利用を開始できますので、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。格安サービスでありながらキャリア回線と同一の品質で使用できる。これが楽天モバイルの強みです。

SIMフリースマホが多すぎるくらい豊富

楽天モバイルの対応端末をお持ちでない場合、スマートフォンを新しい端末に買い換えなければいけません。楽天モバイルのサイトを見ると販売されている端末は、特徴的なのが種類の多さで、他のMVNOよりも選択肢が豊富です。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。そんな楽天モバイルにも一点惜しい点があり、本体代金を分割払いにしたいときは楽天カードでの決済が必要になることです。もしも、楽天カードをお持ちでないということであれば、分割払いを利用することはできません。それでも選択できる機種の種類が他のMVNOよりも多いことは、楽天モバイルの大きな強みとなっています。

高速通信量のくりこしにも対応

プランにより高速データの通信容量は異なりますが、利用可能なデータ量を使用しきれない月もある場合があります。楽天モバイルであれば、翌月繰り越しに対応しているので、非常に便利です。余ったデータ容量を繰り越すことができないMVNOもありますので、繰り越しに対応している楽天モバイルはこの点魅力的です。使いきれずに余った通信量が無駄にならないことは、利用者にとっては嬉しい話です。

電話代が半額で済む、楽天でんわ

なんと!通話料が半額になる画期的なサービスがあります。それは楽天でんわです。IP電話とは異なり、プレフィックス型の通話サービスと言われており、IP電話とは違い発信時にこちらの電話番号をきちんと伝えられるサービスです。当然、いつも使っている携帯電話番号が空いてに通知されます。つまり、電話を受けた側はあなたがいつもと同じように電話を掛けてきたようにしか見えません。IP電話だと、電話をかけたときにこちらの番号が非通知になったり、050で始まる番号として相手先に表示されたりすることがほとんどのため、少々使いづらいですが、楽天電話はその点に関しても非常に使いやすくなっています。さらに、楽天でんわから発信した通話料は、楽天ポイントの加算対象で、使用した分だけポイントになります。とてもお得ですね!

5分かけ放題オプション

大手3社のドコモ・au・Softbankにはかけ放題のプランが盛り込まれているのに、多くのMVNOはこの通話し放題というプランは適応されません。格安なMVNOは興味があるけど、通話が多いので心配だなという方に朗報です。楽天モバイルでは、日本国内での通話なら、最初の5分間は通話料金がかからず、しかも回数は制限なしというサービスがオプションでつけられます。月々の負担は850円です。このプランの電話回線はIP電話ではないので、楽天でんわと同じく、発信者の番号が通知できるので、通常時の通話と同じように利用できるが最大の魅力です。NifMoのかけ放題プランでは、発信者番号を通知できない事例があるようです。従来の「楽天でんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、1ヶ月で43分以上通話を利用する人にとってはお得になるプランです。

最初の1ヶ月は無料に!

楽天モバイルを契約すると、初めの1ヶ間、月額料金がかかりません。初めの1ヶ月とは、SIMカードが手元に届いた日の月のことです。SIMの入手日によっては、料金がほぼ一か月無料になることもあれば、ほんの数日だけしか無料にならないこともあります。しかし、解約する会社にも、場合によっては解約料を支払わなければならないケースもあるので、そこは月初だからお得とは言い切れない場合もあるので、乗り換えの前に一度確認した方がいいでしょう。よく計算してみてくださいね。

楽天モバイルの料金プランと解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。現在お使いの携帯料金と比べながら、どれだけ通信費が節約できるかがわかるので参考にしていただければと思います。早速、それでは楽天モバイルの料金プランについての説明に入っていきます。

料金プランまとめ

楽天モバイルの料金は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMでは、料金が違います。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信が、使い放題のプランです。ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの225Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。楽天モバイルにするにあたってかかる初期費用は、一律3,240円ですが、別途、スマートフォン端末を購入する場合は、その金額がプラスとなります。

解約違約金

解約制限と違約金について、解説していきます。データSIMであれば、最低でもこれだけ利用しなければならないという期間が設けられていません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。仮に、1年以内に契約を解除するのであれば、解約手数料9.800円がかかってしまいます。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルの通信サービスは、ドコモの4G回線である2259Mbpsという高速回線を利用したサービスを提供しています。通信スピードについては、何不自由ない速度ですね。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルのとても良いメリットになりますね。これからは、MVNOや格安スマホなどのサービスはますます拡大されていくでしょう。

楽天モバイルの72時間制限に関して

キャリアもMVNOもそうですが、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

今月の割引キャンペーン!

UQモバイルの速度と解約・評判について調べました。

UQモバイルの速度に関して

MVNOと言っても色々な種類がありますが、その中でもUQモバイルは、通信速度の速さで好評を得ています。これは、格安SIMアワード2015でも分かる通り、この UQモバイルが通信速度部門でトップに立ちました。通信速度を重視するのであれば、UQモバイルが一番お勧めです。MVNOや格安スマホのサービスは今後、飛躍的に伸びていくことでしょう。

UQモバイルでの速度制限

MVNOすべてで共通ですが、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。使用した直近の3日の間においての利用通信量で計算されて、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、200Kbpsという低速通信が実施される事です。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。一般的な使用を前提とするならば、そうそうひっかかる制限ではないですね。各プランごとの規定容量は規定されていないようで、すべてのプラン共通で、3日で1GBが規定値となっているようです。

UQモバイル月額費用と解約に関して

UQモバイルの料金プランや通信速度についてご紹介します。現在ご利用中のスマホの料金と比べながら、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、ぜひ読んでみてください。早速、月額プランの詳細を見てみましょう。

UQモバイルの料金と初期費用

UQモバイルのプランは、SIMは大きく2つに分類する事ができ、データ通信だけのものと、データ通信と音声通話のものに分かれています。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、今持っているスマートフォンと同様に携帯電話として使用したい場合は、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。音声SIMの月額プランは、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データSIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円です。

UQモバイルの解約制限について

UQモバイルの解約制限と解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも1年間は使用しなければならないことになっています。仮に、決められた期間内に解約しようと思うと、9500円も、解約するのに手数料がかかってしまいます。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

UQモバイル評判

UQモバイルの1番のアピールポイントは、何といっても快適で安定した通信速度が実現できることです。ネット上の口コミなどの高く評価する人も多いので、他社と違って料金プラン(月額)のことや選択しの数の比較、月額料金ではUQモバイルよりも安いところもありますが、安定高速通信が可能なところを考えると、それらのデメリットは取るに足らない事柄とも言えます。格安スマホの購入を考えている方には魅力的な選択肢となることでしょう。

快適すぎる通信の実効速度

UQモバイルの一番の長所を挙げるならば、他の格安SIMよりも高速な通信速度を利用できる点にあるでしょう。私が普段から複数のMVMOを利用中ですが、その中でも高速な通信を安定して確保できる点を評価しているため 、UQモバイルの使用頻度が1番高いです。格安SIMを使いたい人に、どこか良いMVNOはご存じないですかと聞かれたら、まずUQモバイルを利用することをオススメします。他社と比べると確かにわずかに一月あたりの料金は高くなりますが、繋がりやすいメリットを考えると払う価値は十分にあります。

UQ格安スマホの気になるポイント

UQモバイルとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。月々の利用料金は1680円という安さで、今、話題のサービスです。AUの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、通話品質、サービスエリアもAUの利用時と全く変わりません。UQモバイルの無料通話が付いた料金プランも見逃せないです。UQモバイルって何?という方の為にも、UQモバイルの料金プランから、キャンペーン情報まで網羅しましたので、お見逃しなく!

AU回線網を利用した激安なスマホ

格安スマホのUQモバイルは国内通信業者最大手のAUとその回線利用契約をしています。そのため、通話品質もAUと変わらず、サービスエリアもAUと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。AUのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。すでにAUのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約でUQモバイルの利用を開始できますので、また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。AUの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

UQモバイルには、VoLTE対応プランがあることで話題です。VoLTEとは何かと言うと、今までの通話音質よりも、さらに良くなった、最新の通話方式の名称となっています。今までは、300Hz~3.4kHzの音声のみしか対応できませんでした。新通話方式の「VoLTE」では、50Hz~7kHzまでの音域に対応できるようになりました。つまり、圧倒的に高品質な通話が実現出来るようになったということ。VoLTE対応を採用したUQモバイルは、利用者にとってさらに魅力的なものとなりました。

データ量くりこしも可能

そして UQモバイルの場合は、データ通信量の翌月への繰越もできるため毎月使うデータの量がバラバラの方にとっても、前月の残り分をそのまま使えるのでデータ量が多いときにも安心のうれしいサービスですね。ターボ機能という切り替え機能があるので、高速・低速のどちらにも通信速度を切り替える事が可能です。貴重なデータ容量をとっておくことが出来ますね。

【終了間近】キャンペーン!!

Umobileの特徴とは?料金プランと解約・速度について

Umobileの特徴まとめ

U-mobileとは、スマホやSIMを格安で利用することができるMVNOで、「U-NEXT」という動画配信サイトを運営している会社であるU-NEXTという会社が運営をしています。株式会社U-NEXTは2015年東証一部に上場していて、上場企業という信頼性・安心感もあって、それまでは余り知られていない存在ではありましたが、若々しく活力にあふれ今、非常に勢いにのって伸びているMVNO業界の期待株です。サービス特徴は、高速通信使い放題プランがあり、しかもLTE回線です。よくネットを利用する方は、Umobileがおすすめです。Umobile等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。Umobileのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。Umobileで節約出来たスマホ代で、何を買いますか?

docomo回線を使った格安SIM

格安スマホのUmobileは国内通信業者最大手のdocomoとその回線利用契約をしています。NTT docomoと同じ通話品質で利用できますし、よほどの山奥でない限り、たいていの場所でつながりますので使い勝手において心配はいりません。さらに、今までご使用のdocomoのスマホであれば、機種変更なしで、すぐに通信をお楽しみいただけます。そのため、Umobileが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。ドコモのスマホを持っている人なら、SIMカードを契約するだけで利用を始められるので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。スマホにかけるお金は減らしつつ、それでもdocomoの回線で安心に便利にオトクに、それがUmobileです。

LTEが低価格で使い放題

Umobileは、格安SIMの中ではレアな、LTE無制限プランがあります。「LTE」を「無制限」で「使い放題」というプランは他のMVNO各社は、まだどこも用意ができていないので、Umobileの個性が発揮されている点の1つと言えます。LTEの高速回線を、容量の上限を気にせずに利用したい方にとって、無制限で回線を利用できる魅力的なプランに仕上がっています。気になる料金も無制限プランでありながら月額2,730円からメニューが用意されています。大手キャリアと比較にならないほど、お得な料金設定としています。LETの使い放題プランの中ではコストパフォーマンスがかなり優れています。高速通信を多く利用されるユーザー様にとっては、特におすすめできるMVNOとなっております。LTE使い放題プランの詳細は、Umobile公式サイトをご覧ください。

当日中のMNPにも対応

Umobileを利用するメリットは様々ありますが、即日MNPに対応できるのも大きなメリットの一つです。MNPの手続きの方法を届け出方式というものにしたことにより、ネット上でかんたんな手続きをすることにより、届け出直後にMNPが行われる仕組みなので、携帯番号がシームレスで使用できます。即日MNPを利用したい場合、従来は店舗での手続きが必要でしたが、今では、どこからでもMNP転入が可能になりました。その結果、携帯の使えない期間がなくなり、他社からの乗り換えを諦めていた方も、これなら大丈夫なのではないでしょうか?手続きは、SIMカードが到着したらマイページの回線切替ボタンをクリックするだけで非常に簡単です。非常に手軽にMNPの手続きができますし、格安スマホに乗り換える為のハードルも低くなっている訳です。

Umobile評価

Umobileのおすすめポイントは、何と言っても4GLTEが使い放題のプランです。docomoの高速LTE回線をここまで安く使い放題にできるというのは、他ではお目にかかることはない珍しいプランです。一月当たりの通信量が多い人が、このプランの検討をしてみれば、毎月の携帯料金をかなり抑えられる可能性が高くなります。

音声SIMなら、U-NEXTのポイントが毎月もらえる

人気で評判の動画配信サービス「U-NEXT」で使うことのできる、U-NEXTポイントが毎月貯まるのも大きな魅力です。LTE使い放題2プランだけ毎月400ポイントの還元ですが、他のプランは毎月600ポイント還元されます。1作品約300円なので、月に2作品無料で楽しめることになります。ラインナップも豊富で、映画はもちろんのこと、海外ドラマ、アニメ、成人向けなど幅広いジャンルが揃っています。Umobileは、1500円~3000円程度の月額なのに、400~600ポイントもポイントバックされるというのは、とてもお得なキャンペーンですよね。

Umobile月額と解約

Umobileの料金プランとその他費用の説明をさせて頂きます。月々の携帯代と見比べながら、通信費用をどの程度カットできるのか、考えてみてください。どれぐらい節約できるのか、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

料金・初期費用

Umobileの料金は、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、データ専用SIMでなく、音声通話SIMを選択する必要があります。音声通話SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

音声SIMの「LTE使い放題2プラン」は12ヶ月の解約縛りが付く代わりに、月々2,980円の価格設定がされているLTE使い放題プランよりも、1月のスマホ月額料金が250円お得になる料金プランです。

Umobileの違約金

Umobileの違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。解約する時期がいつでも、手数料が取れられないのは嬉しいサービスですね。音声通話SIMに限っては、6ヶ月間は利用しないと解約手数料がかかります。6ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金の6,000円を支払わなければなりません。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 7ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

「LTE使い放題2」の2年縛りは?

Umobileの利用規約で、LTE使い放題2プランのみ、解約やプラン変更について他のプランとは違う条件が設定されています。6ヶ月以内で解約するとなると、9,500円の解約違約金が掛かります。6ヶ月を超える7ヶ月~12ヶ月目で解約する場合にも違約金は発生しますが、この場合は3,500円を支払えば解約する事が可能です。プラン変更の場合にも11ヶ月以内のの場合には3,500円の変更手数料が必要になります。他のプランと異なる最低利用期間や解約料の設定については、あらかじめご了承ください。しかし、違約金が発生する分、月々の料金は割引になっておりますので、長く使っても良い、1年以上は利用するという方には、大変お得なプランとなっております。

Umobileの速度

たくさんあるMVNOのうち、Umobileは、docomoの4GLTE(225Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。その回線速度や対応エリアには安心感があります。

Umobileにおける通信制御

MVNOすべてで共通ですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、設定容量を超えたユーザーには、通信速度制限が行われます。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。速度制限の対象とする3日間の規定容量は記載されていませんでした。

間もなく終了のキャンペーン

mineoの特徴と速度・評判のまとめ│人気MVNO「mineo」の格安SIMサービスの長所と短所

mineoの特徴

mineoはdocomoとauの二つのキャリアの回線を利用できるMVNOです。ドコモ・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。mineoは、月に1,310円という安い価格設定で注目を集めています。複数のキャリアの回線を使えるMVNOは、mineoが日本で初めてであり、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。月額使用料を抑えても、auとdocomoと同様の対応エリア・通話音質なので、節約しながら安心して利用できますね。早速、mineoのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、どうぞ楽しんで♪

docomoとdocomo・AUの基地局を利用した格安スマホサービス

格安スマホサービスを提供をしている株式会社ケイ・オプティコムは、mineoというサービスにおいて、docomoとAUの回線2つを利用してプランを用意しています。音声通話の品質もdocomoやAUと変わりなく良いですし、電波の対応エリアもdocomo、AUと全く変わりません。SIMフリーの機種は当然使えますが、そうでないSIMロックの機種でも、docomoの機種を持っているならばドコモプランならばそのまま使えますし、auの機種を持っているならば、auプランでそのまま使うことができますから、新機種のスマホを買う必要がない場合も多い訳です。新しくスマホを買い替えずに済むので、余計なお金がかかりません。新しい端末が欲しい場合は、mineoで買えるSIMフリーの端末もあります。ドコモとauの回線は両方とも安定していますから、docomo回線プランを使うか、AU回線プランを使うか、好みの回線を選ぶ事ができます。月々の料金は回線プランによって少しだけ価格差があるので、自分に合った回線を価格面からも考えるといいでしょう。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

mineoの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。このVoLTEというものは、以前の通話音声よりも格段に音質が改善された、新しい通話のシステムの名前です。以前は300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。しかしこのVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになったのです。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。mineoの売りの一つが、VoLTEの採用によって実現した高音質通話なのです。

データ量繰り越しが可能

mineoにおいては、高速データ通信の容量が余った場合に次の月へ繰り越せることで、月ごとに使用するデータ量が違う場合にも、通信料金を気にせず利用できる便利なシステムとなっていますね。

mineoアプリで通信量を抑える!

mineoスイッチが備わっているmineoは、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。データ使用量を管理し、無駄なく使うにはうってつけの機能なのです。Wi-Fiとmineoスイッチをうまく組み合わせることで、料金が低めのプランでも十分に用が足りるかもしれません。非常にお得なMVNOですので、是非ご検討下さい。

mineo月額費用と解約

mineoの料金体系や通信速度について説明します。いまのスマホ代と比較しながら、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、考えてみてください。さて、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの料金

mineoの月額費用は、データ通信を行う専用のSIMと、音声通話が可能になっているSIMとがあります。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ通信専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約違約金

mineoの解約縛りと解約違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。mineoはMVNOの一つですが、2年縛りなどの契約期間の縛りがない為、解約違約金の掛からないMVNOです。解約違約金の心配が無く、気軽に格安SIMを試せるという点では、試しに格安スマホを使ってみようと思う方には、とても便利なサービスだといえます。しかし、1年以内のMNP転出の場合は、12,420円の手数料が必要となるのです。音声通話機能付きSIMを契約される場合は、この点にお気をつけください。

mineoの回線速度について

mineoのデータ通信速度についてご紹介します。Dプラン(docomo回線を利用したプラン)での速度は、LTE回線を使用し最大225Mbpsの速度、AU回線プランでも、最大で225Mbpsもの速度が出ます。いろいろなブログなどでも書かれていることですが、混雑する時間帯においては、キャリア回線の通信速度は安定しています。混雑時間帯でも、常に安定したデータ通信速度を要求されるならば、大手キャリアの契約のほうがよろしいかと思います。キャリアとの提携プランといっても、それでも相当安くなるので、速度が遅い場合があることを差し引いても、とてもいいサービスなのかと思います。

mineo Aプランの3日制限

キャリアもMVNOもそうですが、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。直近3日間のデータ通信の利用容量によってなされるもので、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。mineoの場合、料金プランによる規定値は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

マイネオ docomo回線プラン速度制御0

mineoのDプランにおいては、直近の3日間をベースに算出するデータ制限はありません。誰でも通信量が多い日が続く時もあれば、逆に少ない日もあると思いますが、AU回線を利用するAプランよりもDプランを選ぶほうが、いわゆる「3日制限」の心配は不要です。プランを選ぶ際には、この様なサービス機能の違いを比較検討することをお勧めします。

今月のキャンペーン!!

IIJmioの評価と口コミ・評判について│格安SIMの代表格「みおふぉん」

IIJmio評価について

IIJmioの商品としての価値がどこにあるのかを考えると、顧客への手厚いサポートと老舗MVNOとして信頼性がある事です。格安SIMアワード総合部門最優秀賞を受賞した実績からも、どれほど顧客に信頼されているかがわかります。お客様へのアフターサポートも優れているため、初めてSIMフリースマホや格安スマホを使う、という人でも、格安スマホデビューがスムーズに行えるMVNOなので、ぜひ検討してみて下さい。

安定した速度とユーザーサポートがウリ!

IIJmioって何だろうとグルって見ると、安定した通信とサポートの充実が特に目立っています。顧客満足度調査でわかるようにMVNOの中でも屈指の顧客満足度を得ており、最優秀賞を獲得できるほどのサービスを提供する企業です。以上のことからもIIJmioは格安スマホ選びの際に、魅力あるMVNOの一つとなることでしょう。また20を超えるMVMO事業者の中でも、早くから参入しておりブランド力も浸透していると言えるでしょう。評価がとても高く評判がいいMVNOなので、格安スマホデビューをお考えの方には、是非llJmioをオススメします。

IIJmioの格安SIMの月額プランについて

IIJmioを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。今使っている携帯電話やスマホの月々の料金と比べて、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、読んで頂ければと思います。 月額プランを見てみましょう。

IIJmioの月額プランと初期費用

IIJmioの料金プランは、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMでは、料金が違います。音声機能付きSIMを選択しないと070/080/090番号が使えないので、一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、必ず音声通話付きのSIMカードを選択してください。くれぐれもデータ通信専用SIMと間違わないように注意してください。音声通話SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データSIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約制限

最低利用期間と解約違約金について、解説していきます。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、違約金として9,000円を支払わなければなりません。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13ヶ月以上経てばいつ解約しても良いので、安心です。

IIJmio格安SIMの特徴

ここでは、株式会社インターネットイニシアティブが運営している「みおふぉん」というMVNOについて説明していきます。株式会社インターネットイニシシアティブは格安SIMサービスのパイオニアで、格安SIMが出た当時の利用者でしたら、IIJmioやbmobileという名前に聞き覚えのある方が多いでしょう。実力派の企業である事は、「格安SIMアワード2015顧客満足度調査」においても証明されており、その年の総合部門で最優秀賞に選出されています。最優秀賞を獲得した大きな理由は、安定した通信スピードを実現し、かつ親切丁寧な顧客サポートであると考えられます。さて、それでは、早速、IIJmioの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!分かりやすくまとめさせて頂いたつもりですので、お気軽にどうぞ♪

docomoエリア対応の格安スマホサービス

IIJmioとは、株式会社インターネットイニシアティブが運営しているスマホサービスのことで、このサービスにはdocomoの回線が使用されています。そのためdocomoと全く同じ通話品質を保っており、通話エリアについても全く同等につながるので、乗り換えについての心配は不要です。IIJmioの凄さは、docomoのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。もし、docomoのスマホをお持ちでないなら、IIJmioではSIMフリーのスマホとセットでの提供も行っておりますので、そちらを利用することも可能です。docomoの端末をお持ちの方に限って、SIMカードを契約するだけで簡単にIIJmioを利用することができる為、新たに本体代を支払う必要がなく、経済的に優しいですね。docomoの信頼感とお得なサービス、それが株式会社インターネットイニシアティブが提供するIIJmioです。

人気のバースト機能│低速時がより快適に。

バースト機能がついているのは、IIJmioの特徴です。この「バースト機能」についてご説明します。バースト機能というのは、低速通信をしているときに最初の数秒間だけ高速で通信を行うことで、ウェブページの表示がより速く行われるようにする、という機能です。これにより、低速通信においても、表示速度が高速化される為、利用時にストレスを感じる事も減少するため、ブラウジングがより快適になるので、モバイル環境でのネット接続にはなくてはならない機能と言えます。なお、この機能を導入済みなのは、IIJmioとDMMモバイルだけなのが現状です。

データ通信量の翌月繰越し対応してます。

プランによって使えるデータ容量に差がありますが、月によっては、あまり使わないときもあるはずです。IIJmioならば、余った分を翌月に繰り越すことができます。容量が余っても次の月になるとその分がまったく考慮されないMVNOもあるので、IIJmioのメリットでもあります。せっかく格安SIMにしたのにデータ量は無駄になった、なんてことにはIIJmioならしませんよ!

2世帯で使える!SIMカード10枚までOK

IIJmioのファミリーシェアなら、驚きの低価格で10枚までのSIMカードが追加できてしまいます。例えば家族全員でIIJmioのファミリーシェアプランに乗り換たならば、これまでの携帯代と大きな価格差を感じるはずです。携帯代とは言え、家族全員分と考えると、相当額のスマホ代が節約できる可能性があります。この機会に家族全員の携帯代を見直すことをおすすめします。格安SIMアワード2015で総合満足度No1に輝いたIIJmioなら、初心者でも安心です。ファミリーシェアプランにはオプションで「みまもりパック」というものがあり、子どもでも安心して使うことができます。

通信速度

世の中には数多くのMVNOが存在しますが、IIJmioは、docomoからLTE回線を借りて、最大225Mbpsの高速通信サービスを提供しています。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。また時間帯や混雑状況に左右されることなく安定した通信速度を維持し、利用者のレビューや口コミを見ても、さすが人気を裏付けるだけの高い評価を得ているようです。安くて速い。そんな格安スマホをお求めの方には、IIJmio以外の選択肢はないといって差支え無いでしょう。

みおふぉんの速度制限

IIJmioは、低速通信の使用時には、一番近い3日間どれだけ利用したかに応じて、少し遅くなってしまう場合が考えられます。高速通信時には、そういった制限はございませんので安心してご利用ください。利用者が公平に利用できるよう、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されます。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、速度制限がかけられます。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。

間もなく締切の限定キャンペーン!!

DMMモバイルの料金を徹底解剖│業界最安値の格安スマホの実力とは?

DMMモバイル料金プラン

格安スマホで今話題のDMMモバイルの料金や通信スピードなどについてちょっと説明させてください。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、キャリア選びの参考になれば幸いです。 料金プランを見ていきましょう。

DMMモバイルの料金プラン

DMMモバイルの料金プランは、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。070/080/090番号が使えるものには、 音声通話SIM適応されますので、普通の携帯電話としても使いたいときには、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。音声SIMの料金プランは、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,470円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,970円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,840円、10GBプランで2,950円、15GBプランで5,270円、20GBプランで6,790円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMmobileの契約縛りについて

DMMモバイルの最低利用期間、契約する前に、把握しておいてください。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、DMMモバイルのデータSIMです。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。そのため12カ月以内に通話SIMを解約する場合は、違約金として9,000円が費用となりますのでご注意ください。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

回線速度

たくさんあるMVNOの中でも、DMMモバイルは、
docomo 4GLTE回線で通信速度225Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。docomoと同じLTE回線なので、広範囲で安定して使える安心できるサービスです。通信速度が高速で安定感があるDMMモバイルは、レビューなどの評価から総合的に判断しても、中々良い評価を獲得しているようです。安さと速さを兼ね備えたスマホをお求めの方にとって、DMMモバイルが最も良いのではないでしょうか。

DMMモバイルでの速度制御

DMMモバイルでは、低速通信を使っている時に限ってのことですが、直近3日間分のデータ使用量によっては速度制限がかかる場合があります。高速通信を利用している時には、3日間に利用をしすぎてしまっても制限はかかりませんので問題ありません。通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持しています。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。”

DMMモバイル口コミ

DMMモバイルを利用する最大の利点を考えたら、月々の料金のお手頃感と高速通信の安定性が両立されていることです。値段の安さと通信速度の速さのどちらも求める人には、大変魅力的なMVNOといえるのではないでしょうか。レビューや口コミでもかなりの好評ですが、低価格と通信速度、この二つですね。

高速な通信速度が人気の理由

DMMモバイルの口コミ・評判で多いのが、安定した高速通信とその実行速度に関するもの。DMMモバイルは月々のプラン料金が本当に安いのに、速度も速いってことで、ますます人気のDMMモバイル。それだけでなく、DMMポイントの還元もされるので、値段でも通信性能でも、最高の格安スマホではないでしょうか。安くて速いDMMモバイルを使わない手はあるでしょうか。

DMMモバイルSIMの特徴

DMMモバイルとは、MVNOの中でも人気で注目されており、「DMM.com」という動画配信サイトを運営している会社の格安スマホサービスです。DMMモバイルは、業界最安値を掲げていることが、最大の特徴です。毎月のランニングコストを重視される方には、もっともお勧めできるMVNO業者となります。通信は安定しているので不安なく使用でき、インターネットの利用は、とても快適にすることができます。DMMモバイル等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。DMMモバイルの評判から速度まで、まとめてみました。気を楽にして、読んで頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用した格安スマホ

動画配信サービスでおなじみのDMM.comが提供している格安SIM、DMMモバイルはdocomoの通信回線を使っています。ですので、通話のクオリティはdocomoと同じですし、サービスエリアもdocomo同様に広範囲をカバーしておりつながり易さは期待できます。今まで使っていたスマートフォンがdocomoのものである限りは、大概の場合、同じものをDMMmobileでも継続して利用できます。DMMモバイルが取扱いをしている、SIMフリースマホをセットで購入していただくことも可能です。docomoのスマホを持っていればSIMカードのみの契約でDMMmobileを利用する事が出来ますので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。DMMモバイルでは、まさにdocomoと同じ高品質なサービスを提供しながら、携帯料金を低額に抑えることができるシステムを提供しています。

iPhoneも割賦可能!

DMMモバイルはiPhoneを分割で支払えるというメリットがあります。他の格安スマホ会社のセット機種では使ってみたいと思う機種があまりないというか、多くの場合でiPhoneの取り扱いはされておりません。しかしDMMモバイルでは、端末としてiPhoneの最新機種も選択でき、 iPhoneを分割購入したいのならば、その選択しはDMMモバイルしかございません。MVNOで携帯を使いたいけど、海外製の安い端末では不安という方は、DMMモバイルはチェックしておいて損のない情報ではないでしょうか。とは言え、iPhoneについては在庫切れになっていることも多々ありますので、なるべくこまめにチェックを入れて、在庫ありを確認したら、すぐに申し込むほうがいいでしょう。

高速通信量の翌月繰越し対応!

選ぶプランにより毎月使える通信量は異なりますが、データの通信量はその時々で違うので、ひと月で全てを使い切れないこともあります。DMMモバイルはこういった場合でも、前の月に使いきれず余らせた通信量を、次の月に繰り越して使うことができます。MVNOによっては、データ通信量の翌月繰越に対応していないこともありますが、DMMモバイルのメリットでもあります。余ったデータ通信量を無駄なく利用できる格安スマホを利用したいものですね。

MNP即日にも対応

DMMモバイルは、格安SIMサービス会社の中でも即日MNPにも対応し、今お使いの番号を気軽に使い続けられます。MNP届け出方式によりDMMモバイルでは、MNPの届け出をインターネットから行う事で、携帯が使えなくなる期間はなしでMNPができます。以前はMNPを即日に申請する場合は店頭での申し込みのみでしたが、現在では自宅などでも直ちにMNPが利用できるようになっています。出張先でも手続き可能です。MNPを行うときに携帯が使用できなくなる期間が発生する事を気にして、ためらって居た人には、安心して他社へ乗り換えることができる仕組みです。やり方としては、新しいSIMカードが?元に届いてから、DMMモバイルの会員専用ページで回線を切り替えるため、ワンクリックするだけです。とても簡単にMNPが完了しますし、格安スマホへの乗り換えの障壁が緩和されています。

DMMモバイルを契約すれば、DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルの契約中は、DMMモバイルで支払った利用額から、10%分のDMMポイントが毎月貰えるという、オトクなキャンペーンを行っています。月額基本料プラス、通話料やその他のオプション料なども対象ですので、基本料金以外にもいろいろ支払っている人にとっては、多くのポイントが貰えてさらにお得です。DMMモバイルの月額料金は、業界最安値水準にもかかわらず、合計金額の10%もポイントがつくので、月額費用にすると、かなりコスパの高い格安スマホと言えます。携帯電話にかかる料金を減らしたいとお考えの方には、DMMモバイルがおすすめです。

バースト機能│快適な低速通信

バースト機能がついているのは、DMMモバイルの特徴です。このバースト機能とは何かというと、次のようなものです。バースト機能とは、制限がかかり低速通信となっている時にでも、最初の1~3秒間だけ通信速度を高速に切り替えることで、WEBページが表示される速度をアップさせる機能なのです。この機能のおかげで、通信が低速なときでもネット利用がスムーズにできるので、表示速度の遅さからくるイライラが解消され、インターネットアクセスを快適に行うことができ、とても注目されている機能となっております。この便利なバースト機能は、現在DMMモバイルとIIJmioだけにしかない機能なので、バースト機能を使いたければどちらかから選ぶしかありません。

今月のキャンペーン