ホーム » 「機種」タグがついた投稿

タグアーカイブ: 機種

楽天モバイルの特筆すべき点は、5分かけ放題と楽天ポイントバックにあり!

楽天モバイルのチェックポイント

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。現在非常に人気があるのは、月々1250円で使えるスマホです。楽天モバイルは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。さらに、楽天モバイル契約期間の間は、楽天ポイントが二倍になるサービスも魅力です。ということで!楽天モバイルの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、楽天モバイルの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoのネットッワークを利用した格安SIM・格安スマホ

楽天市場でおなじみの楽天グループが提供している格安SIM、楽天モバイルはドコモの通信回線を使っています。ドコモと同じ品質で通話出来るのは当然のことながら、通信エリアもつながりやすさも、ドコモと変わりがないので安心です。楽天モバイルはNTT docomoのスマホであってもSIMカードを変更することでそのまま使うことができます。そのため、楽天モバイルが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。すでにNTTドコモのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約で楽天モバイルの利用を開始できますので、高額なスマホを新しく購入する必要もありませんので、とてもお得です。格安サービスでありながらキャリア回線と同一の品質で使用できる。これが楽天モバイルの強みです。

SIMフリースマホが多すぎるくらい豊富

楽天モバイルの対応端末をお持ちでない場合、スマートフォンを新しい端末に買い換えなければいけません。楽天モバイルのサイトを見ると販売されている端末は、特徴的なのが種類の多さで、他のMVNOよりも選択肢が豊富です。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。そんな楽天モバイルにも一点惜しい点があり、本体代金を分割払いにしたいときは楽天カードでの決済が必要になることです。もしも、楽天カードをお持ちでないということであれば、分割払いを利用することはできません。それでも選択できる機種の種類が他のMVNOよりも多いことは、楽天モバイルの大きな強みとなっています。

高速通信量のくりこしにも対応

プランにより高速データの通信容量は異なりますが、利用可能なデータ量を使用しきれない月もある場合があります。楽天モバイルであれば、翌月繰り越しに対応しているので、非常に便利です。余ったデータ容量を繰り越すことができないMVNOもありますので、繰り越しに対応している楽天モバイルはこの点魅力的です。使いきれずに余った通信量が無駄にならないことは、利用者にとっては嬉しい話です。

電話代が半額で済む、楽天でんわ

なんと!通話料が半額になる画期的なサービスがあります。それは楽天でんわです。IP電話とは異なり、プレフィックス型の通話サービスと言われており、IP電話とは違い発信時にこちらの電話番号をきちんと伝えられるサービスです。当然、いつも使っている携帯電話番号が空いてに通知されます。つまり、電話を受けた側はあなたがいつもと同じように電話を掛けてきたようにしか見えません。IP電話だと、電話をかけたときにこちらの番号が非通知になったり、050で始まる番号として相手先に表示されたりすることがほとんどのため、少々使いづらいですが、楽天電話はその点に関しても非常に使いやすくなっています。さらに、楽天でんわから発信した通話料は、楽天ポイントの加算対象で、使用した分だけポイントになります。とてもお得ですね!

5分かけ放題オプション

大手3社のドコモ・au・Softbankにはかけ放題のプランが盛り込まれているのに、多くのMVNOはこの通話し放題というプランは適応されません。格安なMVNOは興味があるけど、通話が多いので心配だなという方に朗報です。楽天モバイルでは、日本国内での通話なら、最初の5分間は通話料金がかからず、しかも回数は制限なしというサービスがオプションでつけられます。月々の負担は850円です。このプランの電話回線はIP電話ではないので、楽天でんわと同じく、発信者の番号が通知できるので、通常時の通話と同じように利用できるが最大の魅力です。NifMoのかけ放題プランでは、発信者番号を通知できない事例があるようです。従来の「楽天でんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、1ヶ月で43分以上通話を利用する人にとってはお得になるプランです。

最初の1ヶ月は無料に!

楽天モバイルを契約すると、初めの1ヶ間、月額料金がかかりません。初めの1ヶ月とは、SIMカードが手元に届いた日の月のことです。SIMの入手日によっては、料金がほぼ一か月無料になることもあれば、ほんの数日だけしか無料にならないこともあります。しかし、解約する会社にも、場合によっては解約料を支払わなければならないケースもあるので、そこは月初だからお得とは言い切れない場合もあるので、乗り換えの前に一度確認した方がいいでしょう。よく計算してみてくださいね。

楽天モバイルの料金プランと解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。現在お使いの携帯料金と比べながら、どれだけ通信費が節約できるかがわかるので参考にしていただければと思います。早速、それでは楽天モバイルの料金プランについての説明に入っていきます。

料金プランまとめ

楽天モバイルの料金は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMでは、料金が違います。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsの低速通信が、使い放題のプランです。ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの225Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。楽天モバイルにするにあたってかかる初期費用は、一律3,240円ですが、別途、スマートフォン端末を購入する場合は、その金額がプラスとなります。

解約違約金

解約制限と違約金について、解説していきます。データSIMであれば、最低でもこれだけ利用しなければならないという期間が設けられていません。解約に要する費用は掛からない為、お好きな時に気兼ねなく解約できます。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。仮に、1年以内に契約を解除するのであれば、解約手数料9.800円がかかってしまいます。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルの通信サービスは、ドコモの4G回線である2259Mbpsという高速回線を利用したサービスを提供しています。通信スピードについては、何不自由ない速度ですね。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルのとても良いメリットになりますね。これからは、MVNOや格安スマホなどのサービスはますます拡大されていくでしょう。

楽天モバイルの72時間制限に関して

キャリアもMVNOもそうですが、全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

今月の割引キャンペーン!

mineoの特徴と速度・評判のまとめ│人気MVNO「mineo」の格安SIMサービスの長所と短所

mineoの特徴

mineoはdocomoとauの二つのキャリアの回線を利用できるMVNOです。ドコモ・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。mineoは、月に1,310円という安い価格設定で注目を集めています。複数のキャリアの回線を使えるMVNOは、mineoが日本で初めてであり、docomo回線を使うプランとAU回線を使うプランを提供していることで知られます。月額使用料を抑えても、auとdocomoと同様の対応エリア・通話音質なので、節約しながら安心して利用できますね。早速、mineoのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、どうぞ楽しんで♪

docomoとdocomo・AUの基地局を利用した格安スマホサービス

格安スマホサービスを提供をしている株式会社ケイ・オプティコムは、mineoというサービスにおいて、docomoとAUの回線2つを利用してプランを用意しています。音声通話の品質もdocomoやAUと変わりなく良いですし、電波の対応エリアもdocomo、AUと全く変わりません。SIMフリーの機種は当然使えますが、そうでないSIMロックの機種でも、docomoの機種を持っているならばドコモプランならばそのまま使えますし、auの機種を持っているならば、auプランでそのまま使うことができますから、新機種のスマホを買う必要がない場合も多い訳です。新しくスマホを買い替えずに済むので、余計なお金がかかりません。新しい端末が欲しい場合は、mineoで買えるSIMフリーの端末もあります。ドコモとauの回線は両方とも安定していますから、docomo回線プランを使うか、AU回線プランを使うか、好みの回線を選ぶ事ができます。月々の料金は回線プランによって少しだけ価格差があるので、自分に合った回線を価格面からも考えるといいでしょう。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

mineoの特徴として、VoLTE対応プランを提供しているというところが挙げられます。このVoLTEというものは、以前の通話音声よりも格段に音質が改善された、新しい通話のシステムの名前です。以前は300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾う事ができませんでした。しかしこのVoLTEでは、50Hz~7kHzまでの音が拾えるようになったのです。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。mineoの売りの一つが、VoLTEの採用によって実現した高音質通話なのです。

データ量繰り越しが可能

mineoにおいては、高速データ通信の容量が余った場合に次の月へ繰り越せることで、月ごとに使用するデータ量が違う場合にも、通信料金を気にせず利用できる便利なシステムとなっていますね。

mineoアプリで通信量を抑える!

mineoスイッチが備わっているmineoは、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。データ使用量を管理し、無駄なく使うにはうってつけの機能なのです。Wi-Fiとmineoスイッチをうまく組み合わせることで、料金が低めのプランでも十分に用が足りるかもしれません。非常にお得なMVNOですので、是非ご検討下さい。

mineo月額費用と解約

mineoの料金体系や通信速度について説明します。いまのスマホ代と比較しながら、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、考えてみてください。さて、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの料金

mineoの月額費用は、データ通信を行う専用のSIMと、音声通話が可能になっているSIMとがあります。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、音声通話が出来るSIMが必要になりますので、音声通話付きのSIMを選ぶようにして下さい。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ通信専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約違約金

mineoの解約縛りと解約違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。mineoはMVNOの一つですが、2年縛りなどの契約期間の縛りがない為、解約違約金の掛からないMVNOです。解約違約金の心配が無く、気軽に格安SIMを試せるという点では、試しに格安スマホを使ってみようと思う方には、とても便利なサービスだといえます。しかし、1年以内のMNP転出の場合は、12,420円の手数料が必要となるのです。音声通話機能付きSIMを契約される場合は、この点にお気をつけください。

mineoの回線速度について

mineoのデータ通信速度についてご紹介します。Dプラン(docomo回線を利用したプラン)での速度は、LTE回線を使用し最大225Mbpsの速度、AU回線プランでも、最大で225Mbpsもの速度が出ます。いろいろなブログなどでも書かれていることですが、混雑する時間帯においては、キャリア回線の通信速度は安定しています。混雑時間帯でも、常に安定したデータ通信速度を要求されるならば、大手キャリアの契約のほうがよろしいかと思います。キャリアとの提携プランといっても、それでも相当安くなるので、速度が遅い場合があることを差し引いても、とてもいいサービスなのかと思います。

mineo Aプランの3日制限

キャリアもMVNOもそうですが、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、過度なデータ通信を使用したユーザーに対しては、速度制限をしています。直近3日間のデータ通信の利用容量によってなされるもので、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。大量の動画を見たり、大きな容量のファイルをダウンロードしたりしない限り、速度制限にかかることはないと思います。mineoの場合、料金プランによる規定値は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

マイネオ docomo回線プラン速度制御0

mineoのDプランにおいては、直近の3日間をベースに算出するデータ制限はありません。誰でも通信量が多い日が続く時もあれば、逆に少ない日もあると思いますが、AU回線を利用するAプランよりもDプランを選ぶほうが、いわゆる「3日制限」の心配は不要です。プランを選ぶ際には、この様なサービス機能の違いを比較検討することをお勧めします。

今月のキャンペーン!!